サブリースの怖さ

テレビのCMで有名な「レ○パ○ス21」の悪い噂は露呈しかけています。
毎年5万戸のアパートを地主に建て続けさせているにも関わらず、50万戸の管理物件が全く増えて行っていない現実。

藤原紀香などの有名タレントをテレビCMに起用して、抜群の知名度を持って、アパート建設を地主に持ちかける。
そして、30年間にわたってアパート1棟を丸ごと借り上げる「一括借り上げ契約」を謳い文句に、全国の地主からアパートを建築させていった。

ところが実態は、30年間の借り上げ契約を果たすどころか、アパートの入居率が低下すると契約を一方的に解除する蛮行に及んでいる。しかも、入居者を他のレオパレス物件に転居させて、もぬけの殻のアパートを返還するため、契約を解除されたオーナーはアパートローンの返済に行き詰まる「地獄」に陥っているのだ。。。
・・・・・ですって。

なんとも怖い話ですね。
会社の採算が合わなくなり、大量解約、大量家賃見直しによる「管理戸数減少」が本当のところだったんですね。
いくら大手業者がサブリースを請け負っていても、オーナーと業者の契約関係は、借地借家法で言う賃貸人と賃借人。
法律上の権利は、賃借人となるサブリース業者の方が断然強いのです。
契約解除されて、もぬけの殻にされたアパートを返されたオーナーさんはどうしたら良いのでしょう。
しかも、「チャイムが鳴ったと思って玄関を開けたら四軒隣の部屋だった」「隣の部屋のティッシュを取る音が聞こえる」なんて揶揄されるアパートですよ。
このサブリース契約の問題は、同社に限らず今後ますます社会問題化していくことでしょうね。

「アパートの管理・運営の必要はなく、遊休地にアパートを建てて、預金通帳だけ見てればいいんです・・・」というのが常套句らしいですが、そんな美味しい話はないですよね。すべてをお任せにしてしまったオーナー側にも責任はないわけではありませんが、これまで会社を支えてきたオーナーを平気で騙し討ちするレ○パ○スに、明るい未来が待っているはずは・・・・・ありません。